海外医薬品を使うとシミやシワがなくなる

日本では認可されていない海外医薬品で美容や健康に効果があるものはたくさんあります。
しわやしみだけでなく精力剤など個人輸入で手に入れている人は大勢います。

レチンAクリームやAレットジェルなどもその例です。
レチンAクリームは奇跡の美肌クリームと呼ばれ、海外セレブの間でトレンドになっていますが日本では市販されていません。
レチンAクリームのジェネリック医薬品であるAレットジェルも同様です。

にきび、しわ、肝斑に効果がある成分が0.1パーセント配合されており、皮膚の再生を早めてくれます。
個人輸入なら10グラムのクリーム1本1000円以下で購入できるところもあります。
レチンAクリームは皮膚科でニキビ治療のために処方してもらえることもありますが、自費治療になるので毎月数万円かかってしまうということもあります。

成分の濃度も低めになっており、個人輸入で購入したほうが濃度の高いクリームを安い価格で購入することができるため、海外医薬品や個人輸入に抵抗のない方は病院での処方を受けるよりも個人輸入で安いジェネリックの海外医薬品を手に入れています。

海外医薬品は価格が安い分リスクを自分で引き受けなければなりませんので、最初は0.05パーセント程度の低い成分のものを試すことが大切です。
薬用化粧品よりも安く、アンチエイジング対策ができるとあって大人気ですが、ピーリング効果が高いので注意が必要です。

Aレットジェルはジェネリックですが高い浸透力があり、副作用である炎症も強く出ます。
ターンオーバーを促進する力も強力ですが、赤みやひりつきなどの刺激が出てしまうことが考えらえます。

効果は個人差がありますので濃度が高くても効かない人には効きません。
低い濃度でも肌質にあっていればきちんと効果が出ます。
また耐性がついてしまうという性質もあることから、継続して利用しているとどんどん強いものが必要になるため、肌に負担がかかります。

レチンAクリームは病院処方で購入できない薬

レチンAクリームは病院では劇薬指定されており、内服薬としては処方されていません。
皮膚科ではしみ、そばかすなどの治療にクリームが用いられています。

たるみ、肝斑、やけど、色素沈着など肌トラブルの全般に効果があり、アンチエイジング対策ができるところから個人輸入で活発に取引されています。
ピーリング効果の高い薬ですので最初は病院処方してもらい、肌質にあう薬と濃度をきちんと確認しておくことが大切です。
病院処方してもらったことのある人では個人輸入でジェネリックのAレットジェルを購入している人もいます。

しわを予防してシミを薄くしてくれる効果がありますから、美白にも高い効果をもたらしてくれます。
個人輸入ならわずか1000円くらいで購入できるという手軽さもあり、美白化粧品を購入するよりも効率的と考える人が多いのも当然です。

しかし赤みがでたり、肌の角質がポロポロ出てきたりして色素沈着や赤みを生じさせることが多いのも事実です。
肌が薄くなってしまうので、血管が透けて見えるようになって不健康な顔色になるなどのトラブルも多いのです。

美白と新陳代謝というパワフルな効果を持つ成分だからこそ、きちんと肌質似合った量、濃度を使わなくてはなりません。
また極端にアレルギー反応がでることが報告されていますので自己判断で利用するのには副作用のリスクが高過ぎるのです。

一般的には3カ月ほど利用して2週間休みを取るなど経過観察が必要な薬でもあります。
長期使用していると耐性ができてしまい効果が出づらくなりますし、肌に負担をかけることになります。
乳首の黒ずみやかかとやひじの角質を取ることもできますのでうまく利用すれば全身すべすべになります。
うまく活用するために最初は病院で処方してもらうことがおすすめです。

成分トラネキサム酸について

トラネキサム酸という成分はシミを解消するだけでなく肝斑などにも効果を発揮します。
元々は止血薬の成分として使われていましたが美容効果があることが分かり、皮膚科や美容外科の治療でも使われています。
トラネキサム酸が配合されている薬には内服薬や外用薬が存在していて、市販薬の成分としても使われるなど幅広く使用されています。

参考サイト:トラネキサム酸 – シミそばかす肝斑治療薬@通販