本気でシミを消すならトレチノインとハイドロキノン

頬に手を当てる女性

美白ケアを行う方はふえています。
美肌のために、シミを防ぐ、できてしまったシミを消したり、くすみのない透明感のあるお肌に必要なケアの方法があります。

予防ということでしたら、美白化粧品に含まれているハトムギエキス、アルブチン、ビタミンC誘導体なども効果があります。
紫外線などがメラノサイトを刺激することでメラニン色素が増えて、シミとなってしまいますので、その原因を食い止めることに作用します。
しかし、予防的な美白効果はあっても、出来てしまったシミに対しては作用しないこともあります。

そこで、漂白作用のある成分としてハイドロキノンを使っていくことをおすすめします。
化粧品に配合されているケースもありますが、やはり濃度に関しては自己判断で誰でも使えるように低くなっていますので、シミを薄くすることまでは効果がありません。

もし、本格的なシミ治療を行いたいようであれば、美容皮膚科で濃度の高いハイドロキノンを処方してもらいましょう。
また、同時にトレチノインという薬を使うことがおすすめです。
美容皮膚科の中には、それを推奨しているところも多く、セットで使うことで相乗効果が生まれます。

シミが出来るメカニズムとして、古い角質が溜まってしまうということも原因として挙げられます。
トレチノインは。
お肌の代謝を高めて、古い角質をはがしていく効果が期待出来ます。
また、トレチノインはコラーゲンの生成を高めてくれるという作用もありますので、年齢とともに不足しがちなコラーゲンを補っていくこともできます。
それによって、内側から保湿力も出てきて、ふっくらと弾力のあるハリ肌にしていくことができます。

毛穴改善にも効果的ですし、エイジングサインを感じ始めている方に特におすすめです。

市販されている美白効果のある化粧品だけでシミに対応していこうと思っても、実際のところは予防効果はあっても治療まではできませんので、美容皮膚科で処方してもらう方が良いでしょう。

トレチノインとハイドロキノンの作用について

トレチノインには、様々な効果があります。
まず、お肌の代謝をたかめていくことができるため、皮膚が新しく生まれ変わるというメカニズムが年齢とともに遅れてしまうのですが、それによって古い角質が溜まってしまう事を防ぐことができます。
さらにトレチノインはコラーゲンの生成を促すことができる成分でもありますので、30代後半頃からどんどん減少してしまうコラーゲンを補うこともできます。
インナーコスメとして、ドリンクやサプリメントを飲む方もいますが、医薬品で外側から対応していくこととダブルで行うとより効果が期待出来ます。
毛穴改善もしていくことができますし、ニキビができてしまった時にも処方されることがあります。

そして、美白のためのシミ治療として効果が高いと言われているのが、ハイドロキノンです。
市販されている美白化粧品に配合されている有効成分としては、アルブチン、ハトムギエキス、ビタミンC誘導体などがありますが、これらはメラニン色素を増やさないということには適応できますが、できてしまったシミを薄くする漂白作用まではありません。
ハイドロキノンには、この漂白作用があり、美容皮膚科で処方されるものは濃度も高いものがありますので、より美白効果が期待出来ます。

トレチノインを使い、古い角質が溜まっていない状態でこのハイドロキノンを使えば、さらに漂白作用もたかまりますので、相乗効果があるため、美容皮膚科ではセットで使う事を推奨しているところも多いです。
一度できてしまったシミは、美白化粧品ではなかなか改善することが難しいこともありますので、美容皮膚科でトレチノインとハイドロキノンを処方してもらい、お肌の状態に合わせて使っていくと良いでしょう。