市販薬でキレイにシミは消せるの?

シミは皮膚科で治療を受けることもできますが、薬局やドラッグストアなどで購入できる市販薬でも悩みを解消できるとされています。
そこでおすすめの市販薬の選び方を知っておくと良いでしょう。
薬局やドラッグストアに販売されている市販薬といっても塗り薬にするのか飲み薬にするのかを選ぶ必要があります。

塗り薬は比較的効果が高いですし、ピンポイントでシミの気になる部分に使うことができます。
そのため効率よく悩みを解消できると言えるでしょう。
しかし、肌への負担が大きいですし、副作用のリスクが高いとされています。
薬を直接塗るので敏感肌の人には向きませんし、他の部分に塗ると肌が白くなりすぎてしまうこともあります。

ロスミンローヤルやキミエホワイトプラス、ハイチオールCプラスといった飲み薬は肌に負担がかかりにくいというメリットがあります。
肌に直接塗るわけではないので肌荒れのリスクもありませんし、敏感肌の人でも安心して使うことができるでしょう。
また、塗り薬はシミが多いと塗る手間や時間がかかりますが、飲み薬ならシミが多くても飲む量は変わりません。

市販薬でシミを消したいという場合、有効成分をしっかり確認してから使うようにしましょう。
シミに効果的なL-システインやアスコルビン酸、パントテン酸カルシウムなどを配合している市販薬を選ぶことがポイントです。
人気の市販薬にはL-システインやアスコルビン酸、パントテン酸カルシウムなどが配合されているため、シミの予防や改善に役立つでしょう。

50代でできてしまったシミを消したいという場合、まずは市販薬を使ってみるのがおすすめです。
皮膚科の治療は肌への負担が大きくなってしまいますし、費用もかかってしまいます。
また、美白化粧品ではシミを薄くすることはできても完全に消すことはできないでしょう。
シミの予防として美白化粧品を使うことはおすすめですが、できてしまったシミを消したいと考えているなら市販薬の飲み薬を服用継続した方が良いでしょう。

継続して市販薬を服用しないとシミは消えない

シミを消す市販薬といってもいろいろありますが、ロスミンローヤルやキミエホワイトプラス、ハイチオールCプラスといった薬がよく知られています。
ロスミンローヤルやキミエホワイトプラスは通販サイトで購入することになりますが、ハイチオールCプラスや薬局やドラッグストアなどで購入することができます。

市販薬なのでドクターの処方箋は必要ありませんし、誰でも手軽に手に入れることができます。
薬局やドラッグストアで購入できる一般用医薬品としては、第1類医薬品や第2類医薬品、第3類医薬品などの種類があります。
シミを消す薬は第3類医薬品に該当するため、最も副作用のリスクが低いとされています。

市販薬はサプリメントなどの健康食品とは違っていますし、シミを消す効果がしっかりあることを認められています。
そのため効果の出方には個人差もありますが、確実に肌トラブルを解消することができるでしょう。
服用継続をすることで効果が出るとされており、最低でも3ヶ月の継続が必要と言われています。

もちろん3ヶ月服用すれば確実にシミが消えるというわけではありません。
1~3ヶ月くらいで消えることもありますが、中にはもっと長くかかってしまう人もいます。
効果の出方は肌質によっての変わりますし、普段の生活習慣の影響も受けるということです。
また、飲酒や喫煙をしていると効果が出にくくなってしまうこともあるので注意しましょう。

3ヶ月飲んでも効果が出なかった場合、もう少し継続してみるのがおすすめです。
シミを消す効果のある市販薬は予防にも効果を発揮してくれますし、シミが消えた後も服用継続すると良いでしょう。
ビタミン類や美容に良い成分が配合されているため、続けることで肌の状態を改善することができます。