レーザーでシミを消すリスク

レーザー治療とは特殊なレーザーを肌に当てるという治療であり、シミを除去する効果が期待できます。
レーザー治療ならメスを使いませんし、傷跡が残ってしまう心配はありません。
レーザーを肌に照射するとシミのメラニン色素に反応して光のエネルギーが熱に変換されます。
その熱によってシミを消滅させることができます。
治療を行う時には高度な技術は必要ありませんし、治療時間が短くて済むことも大きなメリットです。

レーザー治療にはメリットもありますが、リスクも大きいことを知っておきましょう。
レーザーはシミを切り取るよりは肌へのダメージが少ないとされています。
しかし、シミ以外の部分にもダメージを与えてしまうことになりますし、肌質によっては痛みや赤みなどを感じやすいと言われています。

ちなみに、レーザー治療を受けても全てのシミが消えるわけではありません。
レーザーはメラニン色素に反応するという特徴があり、色の濃いシミに対しては効果をきちんと発揮してくれます。
しかし、色の薄いシミに対してはあまり効果が期待できないとされています。
色の薄いシミを消したいという場合、シミを削り取る方法を選んだ方が良いでしょう。

レーザー治療でシミを取ってもシミができる理由を根本的に改善できるわけではありません。
そのため一度消すことができても再びシミができてしまう可能性があります。
二度とできないようにしたいという場合、肌質から改善していく必要があります。

また、レーザー治療を受けると肌の防御機能に変調をきたしてしまいますし、以前よりも濃いシミができてしまうこともあると言われています。
メラニン色素はもともと肌を守るためのものであり、治療を受けるとさらに生成されやすくなってしまうことも考えられます。

さらに、レーザー治療を受けた後の肌はかなり敏感な状態になっています。
その時に刺激が加わることにより、赤みなどの肌トラブルが起こってしまうこともあります。
レーザー治療には即効性がありますが、リスクも多いですし、根本的なシミ問題の解決にはなりません。

レブライトの費用と治療期間

レブライトは最新のレーザー治療マシンであり、痛みを押さえて肌の負担を軽減したシミ治療を行うことができます。
このマシンは脇の黒ずみや下着による色素沈着、ヒップの色素沈着などに効果があるとされています。
安全性の高いマシンなのでさまざまな部位の色素沈着をケアすることができるでしょう。
レーザー治療は痛みなどが不安だという人にもおすすめです。

レブライトは皮膚表面に軽い刺激を与えるだけのマシンであり、痛みがほとんどないという特徴があります。
このマシンはダウンタイムがありませんし、治療中でも見た目は分かりません。
一度に広い範囲の治療を行うことができるため、治療時間が短くなるというメリットもあります。

レブライトの治療を受けたら肌が敏感になっているため、日焼け対策をきちんと行いましょう。
日焼けは肌への負担が大きくなってしまうので注意が必要です。
そのため施術期間中はきちんと保湿ケアを行うことが大切であり、1回の施術では消えないので何回か通院する必要があることも知っておきましょう。

シミのレーザー治療は保険適用となることもありますが、基本的には自由診療となります。
そのためクリニックによっては費用が高額になってしまうこともあります。
しかし、安い場合は数千円程度で済むこともありますし、範囲が広い場合でも1万円程度になることが多いため、そこまで費用を心配しなくても良いでしょう。

レーザー治療は短期間でもシミへの効果が高いというメリットがあります。
しかし、それなりに費用がかかってしまうこともありますし、あまりお金に余裕がない場合は自宅でのケアを考えると良いでしょう。
最近では自宅でシミのケアができるアイテムなども多く登場しています。
特にクリームタイプの商品が人気となっており、モデルや芸能人なども使っています。