シミができる要素って何ですか?

シミが出来る要因の1つとして、紫外線による肌へのダメージが挙げられます。
人の肌は紫外線を浴びると、細胞を守る為にメラニン色素という、色素が作られる仕組みになっているのが特徴です。
通常、メラニン色素は肌のターンオーバーという機能によって、垢として排出されていきます。

ターンオーバーとは肌の新陳代謝のような機能の事で、古い角質は垢として剥がれ落ち、新しい肌細胞へと生まれ変わります。
健康な肌であれば、約28日の周期で新しい肌へと生まれ変わるのですが、加齢や間違ったスキンケアなどによって、ターンオーバーの周期が乱れてしまうケースも少なくありません。

ターンオーバーの周期が乱れると上手く新陳代謝の機能が働かなくなり、メラニン色素がいつまでも肌内部に残ってしまうような状態となります。
すると、肌細胞にメラニン色素が沈着しシミが出来るというのが、紫外線がシミの要素になると言われている理由の1つです。

シミ予防は紫外線対策だけしていれば良いというイメージがありますが、UV対策をしていてもターンオーバーの周期が乱れてしまうと、メラニン色素の排出が上手く行われずシミが出来やすくなります。
ターンオーバーの周期を乱してしまうような、ケアや生活習慣は行わないようにしましょう。
バランスの悪い食事、睡眠不足、間違ったスキンケアなどによって、ターンオーバーは乱れてしまうと言われています。

また、紫外線によるダメージだけでなく、肌への刺激もシミを引き起こします。
肌をゴシゴシ擦ったり、スキンケアを過剰に行ってしまう方も多いようです。
このような肌の刺激も紫外線同様、細胞を守るためにメラニン色素を作り出します。
日焼け止めなどでUV対策をしていても、肌への刺激となるようなケアなどを行っていれば、メラニン色素が作られ結果、色素沈着やシミを引き起こしてしまうので注意が必要です。
ちょっとした刺激でもメラニン色素が作られてしまうので、肌は優しくケアするようにしましょう。

シミの種類について

シミと一言でいっても種類は様々です。
最も多いシミと言われているのが、「老人性色素斑」という種類で、老人性という言葉が使われているとおり、年齢を重ねると出やすいシミとなっています。
老人性色素斑は長年、紫外線を浴び続けた事で出来るのが特徴です。
主に頬やこめかみ、デコルテや手の甲にも現れます。
色素沈着を起こすだけでなく、古い角質が溜まりシミがイボのように隆起する症状も老人性色素斑の特徴です。

老人性のシミというイメージの強い老人性色素斑ですが、紫外線を浴びる機会が多い方だと20代からでも症状が出るケースもあります。
うっかり日焼けして老人性色素斑を作らない為にも、日頃からしっかりUV対策を行いましょう。

30代~40代はシミが出来やすいと言われています。
特に30代~40代の女性が注意したいシミが、「肝斑」です。
肝斑は両方の頬に左右対称なシミが出来るという特徴があります。
クッキリとした濃い色素沈着ではなく、もやもやと輪郭がハッキリしないシミになるのが特徴です。
肝斑が出来る原因はまだハッキリとは分かっていません。
ですが、30代~40代の女性に多いという事から、女性ホルモンが関係していると考えられています。

女性ホルモンのバランスが崩れると、肌に影響が現れ肝斑が出来やすいようです。
また、過度なマッサージなど物理的な刺激によっても、肝斑が出るリスクが高くなるとも言われています。
一見するとシミに間違われてしまうそばかすは、実は老人性色素斑や肝斑とは全く違うものです。

そばかすは医学的に「雀卵斑」と言われています。
雀の卵の殻に出る、細かい模様のような色素沈着が出来る事から、雀卵斑と言われるようになったようです。
そばかすは、遺伝的に紫外線の影響を受けやすい方に起こります。
子供の頃から細かいシミのような色素沈着が出来るという場合、そばかすが出来やすい遺伝を受け継いでるかもしれません。